そんな感じで、いかなる本心状態に持って行こうかとね。

特に、負けているときに、レヴューは誰でもできるのです。思っていてね。
それを治す、ないしは、よくするために、負かす、そうして。引き戻すという所作。これをやっていかないとダメですね。
邪魔が、それが直る。直せるようになるのが、あるのならば、そこをね。という結果、あります。
意外と、おいらのごひいき班であるので、二つありますね。
それでは、
野球の方。
これは。明らかにですけれども、投手らの警護比率について、マイナス。
とりあえず、5店以上無くなるという所作。それが今年の点数に出てきてしまってある。
この前のオリックス先方みたいに、9店得点してもコケるなんてことをしているわけです。
も、打線は、前年もそうであったように、リーグで屈指の得点力を持っていらっしゃるのです。
それを全体に出すように、あとは、失点をどんなに燃やすかと、それと1店も加えたくはなくて、そこから山積失点ということは。避けてほしい。
だからこそ、争い前に、こういう争いは、失点は何店まではOKとか、そのあたりを決めておくべきかと。勿論、成長を通じて、終幕は1店闘争になることもあるが、ある程度の主務レーションは大事。静銀